アルバイト医師のためのお役立ちコラム

副収入として得た講演料や原稿料はどのように取り扱うべき?

年間20万円超の副収入(雑所得)があった場合は、雑所得も含めて申告が必要

給与所得者(給与が収入のメインとなる方)が副収入等を得た場合、その副収入は雑所得として扱われます。雑所得とは数ある所得の内、利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、譲渡所得、一時所得等の所得に当てはまらない、その他の所得のことです。
例えば、先生方が製薬会社から講演依頼や勉強会への参加を要請された場合や、専門機関紙から原稿を依頼された場合、そこから受ける報酬は雑所得と見做されます。
医師としての業務を業として行う先生にとっては雑所得になりますが(病院等で受ける給与が収入のメインとなる為)講演や原稿執筆がご専門の先生は事業所得となります。

それでは副収入として得た講演料や原稿料はどのように取り扱うのでしょうか?

年間20万円超の副収入(雑所得)があった場合は、雑所得も含めて申告せねばなりません。

例えば、所得が19万円であれば雑所得を含めず申告しなくても構いませんが、所得が20万円超の場合には含めて申告する必要が生じます。給与所得者(給与が収入のメインとなる方)には確定申告の宥恕規定があり、給与所得・退職所得以外の所得が20万円以下であれば、雑所得を含めず申告をしても構わないのです。あくまで副収入、お小遣い程度であれば・・・ということなのでしょうか。

 その他の所得とは、株や投資信託の売買、FX、外貨預金などの金融商品から派生する収入や、オークションでの売買、一時所得、譲渡所得なども該当します。
講演料が20万円以下であってもFXの取引で得た額と合算して、20万円超になった場合は、雑所得して申告せねばなりません。

雑所得から経費を落とすことはできるの?

先生方が製薬会社から講演依頼や勉強会への参加を要請された場合や、専門機関紙から原稿を依頼された場合、そこから受ける報酬は雑所得と見做されます。この雑所得ですが、一部経費が認められます。

例えば講演の為、文献を購入した場合や、レジュメのプリント代等については、経費として認められる可能性が高いでしょう。その反面、講演の為にスーツや靴を新調した場合や、講演の為という理由でパソコンを購入した等は、経費として認められないことがほとんどです。パソコンは講演以外でも使用するでしょ?という判断だと思います。

講演会場までの交通費はもちろん必要経費ではありますが、交通費は別に支払われているケースが大半だと思います。その場合には経費として計上できません。経費計上としての可否判断、及び控除額は、専門の税理士さんにご相談下さい。

コラム執筆

コラム執筆

社会保険労務士 岩野真也

全国社会保険労務士会連合会 登録番号:第13050146号/
東京都社会保険労務士会 会員番号:第13284905号

メール相談・お問合せはこちら

PAGE TOP