アルバイト医師のためのお役立ちコラム

年末調整を正しく理解していますか?
一般的なサラリーマン、OLさんは通常、確定申告を行いません。毎年年末時期になると、お勤め先から「生命保険料の控除証明」を提出して!等と言われ、探しまわった経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

これは所属する会社が納税義務者に代わり、1年間(1月~12月)の所得に応じた税額を計算し、還付又は控除を実施するからです。(過大分を還付、不足分を徴収)

毎月給与から所得税は天引きされているのに、何故、あらためて年末に調整をする必要があるのでしょうか?

ほとんどの場合、毎月の給与から天引きした所得税額の合計額はその人が本来納付しなければならない所得税額と一致しないからです。では、何故一致しないのでしょうか?
 毎月給与にて控除される所得税は、年の途中で扶養家族が増減しても、それ以前の月に遡って修正を行いません。また、生命保険料や損害保険料などの控除額は毎月の給与控除の際に全く考慮されません。

つまり、毎月給与にて控除されている所得税額は、あくまでその労働者が納めるべき所得税の”概算額”なのです。そこで年末に調整し(確定額を計算し)過不足精算を行う必要があるのです。

この作業を年末調整といいます。

但し、サラリーマンであっても・・・
① 高額所得者(給与収入が2000万円を超える方)
② 2箇所以上の勤務先から給与を受けている場合
③ 家を購入した場合(購入した年)
④ 一定額以上の医療費がかかった場合
                           等々

このような場合は、年末調整ではなく、確定申告を行う必要があります。

コラム執筆

コラム執筆

社会保険労務士 岩野真也

全国社会保険労務士会連合会 登録番号:第13050146号/
東京都社会保険労務士会 会員番号:第13284905号

メール相談・お問合せはこちら

PAGE TOP